« 梅を見に行きました。 | トップページ | トリオでお花見♪梅編 »

手作り食を習う

先日、「手作りごはんセミナー」に参加してきました。

ばにらちゃんのお姉さんと早朝からtrainに乗って京都まで行ってきたのです(遠かったsweat01

dogを飼って最初に買ったbookが本村伸子先生の「愛犬を病気肥満から守る健康ごはん」でした。

手作りするようになって生の方が消化も良いことを知り抵抗も無くなりましたが、最初この本を読んだときに「生肉をdogに与えるなんてsign02」って受け入れられませんでした。

自己流手作りを始めてからなんとなく自信が無くて・・・

きちんとセミナーを受講してみたいと思っていたのでこの日はワクワクhappy02

024_2

セミナーのテキストです。

Aクラス(午前の部) もう迷わない!ペットの健康ごはん

Bクラス(午後の部) 「胃腸が弱い」ではすまされない

講師は本村伸子先生と直子先生 

ペットフードの原材料を見て「へぇ~そうなんだ」って驚いたりbearing

フードを購入するときに原材料の一番最初に肉類が記載されてること

これはずっと注意していました。原材料は使用量が多い順に書いてあります。

けど・・・例えば全部小麦なのに 小麦粉・小麦・小麦グルテンなんて分けて書かれてあるとそれぞれは少量なのでトップには並びません。とんだ落とし穴ですわ

小麦・大豆・とうもろこし

は犬には消化できないもので食物アレルギーの原因になりやすい。

フードだけじゃなくおやつもきちんと考えてやらねばねgood

おやつには結構、小麦が使われています

手作り食のお話では先生のdog達が実際お食事してる様子(ビデオ)を見せていただきました。

お昼からは「胃腸のお話」

午前とは全く違って難しく・・・何度か夢の中へsleepyいやいやお腹が一杯になるとね

ここで初めて聞く言葉が

LGS(腸菅浸漏症候群)

LGSは疾患ではありません。腸管壁の細胞同士の間に大きな空間が出来てしまい有害な物質やタンパク質が体内へと侵入していきます。

原因はフードやおやつに含まれる小麦グルテンと言われています。

パン好きの凛は毎朝、じいちゃんのおこぼれのパンを楽しみにしている

体の中にはグルテンがいっぱいかも・・・と心配になってきましたbearing

手作りをするときに、沢山の種類をと頑張りすぎていたのですが

シンプルな食事でいいようで、肉類は1種類それに2~3種の野菜を加えるだけで十分だとか

それなら毎日できるやんnoteと気が楽になりました。

020

凛の食事はいつもこんな感じです。

骨入り鳥ミンチ・手羽中

すりおろし人参・だいこん・スプラウト・白菜

(オイル・サプリメント・ハーブなども入れています)

021

上手に奥歯で噛んでます。

骨付き肉は皿から出してズルズル引きずりながら食べるので

広告でも敷いておかないと絨毯がシミだらけになりますsad

022

美味しかったようで舌をペロリ

毎回、お皿を名残惜しそうにペロペロしてます。

フードの時は全くそういうのが無かったので生肉って旨いんやろねwink

023

ローズヒップの粉末を購入。ビタミンC補給に使います。

人間もヨーグルトに入れて食べられます。

これからも色々学びながら凛の健康のために手作り頑張りますgood

もちろん楽しみながらねnote

|

« 梅を見に行きました。 | トップページ | トリオでお花見♪梅編 »

「ワンコと学ぶ」カテゴリの記事