« 今日の出来事 | トップページ | ありがとうございます »

家族です。

セラピー活動をしていて、色々なわんちゃんと出会えます。皆さん自分のわんちゃんをとても大事にされているし、可愛いからこそセラピー活動に興味を持たれます。先日の躾教室での自己紹介で小さなマルチーズの子が居ました。名前は「まるちゃん」小さい体の子で、先月のホーム訪問でご一緒したのですが、ママさんがずっと抱いていて見学されていたのかな?・・・私はてっきり老犬なのかと思っていたのです。ママさんのお話は・・・まるちゃんはあるブリーダーのところの子でした。体がちいさくてお産は毎回1匹しか産めず、それも帝王切開になるのでお金がかかってしょうがない。もうこんな子いらんし・・・それを聞いたペットショップの方がお金を置いて連れ帰ってきたそうです。どうか良い里親さんが見つかりますように、この子が欲しいと言われた方も居たそうですが、ショップの方が納得のいく人にと・・・ママさんが何気にお店に行った時に目と目があって・・・まるちゃんから目が離せなくなったそうです。事情を知った上でどうしても幸せにしてやりたい。そんな気持ちで大切にされています。最初は心を開こうとはせずにフードもあまり食べず。未だにフードの量は少ないようです。おやつも欲しがりません。さつまいもを小さく切ったのを持っていたので、一つあげてみましたが匂いを嗅いだだけで食べてくれませんでした。ボーロに興味を持ったので一粒を四分の一に割って食べさせてみたら気に入ったのか口に入れてくれました。一粒でこんなに満足してくれて・・・一袋あれば数ヶ月いける?凛なら2回分やわ。ママに抱っこされたままで動こうとしないので・・・やっぱり老犬?と思っていたら、まだ3歳でした。ごめんなさい~ 暫くしたら他のワンちゃんと仲良く遊んでいました。元気にワンコらしく遊んでいたのでママさんも「こんなに喜んでる姿初めて見たわ」っておっしゃってて。産めなくなったら捨てるんだ!ワンコを何だと思ってるんだ!!まるちゃんのように幸せになれるワンコはほんの一握り・・・最近こんな話が多くなってきている。ご近所で保護されたダックスは目が見えなかった。結局、飼い主も見つからずに保護された家の3番目のワンコとして幸せに暮らしている。お友達の所もバーベキューに行って迷子犬を連れて帰ってきた、可愛い顔のダックスでヘルニアとノミだらけだった。病気があるから捨てる・・・どうして病気の子を見捨てるの?もっと愛情が湧くはずじゃないの?うちの凛は股関節形成不全と言う病気を持っています。この病気がわかったのは凛が1歳の誕生日前でした。急に足が使えなくなって、後ろ右足を上げた状態でした。「りんちゃん、どうしたの?どうしたの?」何を聞いても応えてはくれません。私はどれだけ泣いたでしょう。どんなに辛くても私より凛の方がもっと辛いのです。痛いのです。この子を一生守ってやれるのは私しかいないのです。捨てるなんて出来るわけがない!!遺伝的疾患なので完治することはありません。手術の経過も良く、サプリメントで予防していますが、いつも不安はあります。凛の暴走してる姿を見ると足が悪いなんて誰も信じてくれませんが・・・ハードルもピョンピョン飛びますしね。凛は大切な家族ですから、どんなことがあってもどんなことがあっても守ります。それが飼い主というものではないのでしょうか!ペットを飼ってる方はみなさん同じ気持ちでいて欲しい・・・命あるもの、大切な家族ですから。

P1010361_1 この笑顔の為なら、何だって出来ます。

|

« 今日の出来事 | トップページ | ありがとうございます »

「凛の足のこと」カテゴリの記事

コメント

りんくまさんのメッセージ、心に染みました。
世の中がりんくまさんのような飼い主さんばかりだったらよいのですが・・・。
ブリーダーにしかできないこともありますが、逆に、一飼い主にしかできないこともあるんですよね。
もし、私のせいで辛いことを思い出させてしまったのなら、本当に申し訳ありませんでした・・・。

投稿: すずしろ | 2007年7月28日 (土) 11時03分

りんちゃんの股関節は、遺伝的疾患なのですか?
何だかショックだわ~
でも、元気に遊んでる写真とか見ると
ほっとしま~す!
これからも元気でいてね!!

まるちゃんは、良い家族にめぐり合えて良かったですね。
かわいそうなペット達は多いけれど
こういう里親さんの話を聞くと
ちょっとほっとしますね。

投稿: ノア母 | 2007年7月28日 (土) 11時55分

こんにちわぁ。
まるちゃん・・いい方に家族にしてもらえて
よかったぁ。ホント・・最近よく耳にする言葉
ですよねぇ。「病気になったからいらん」とか
「お金がかかるから」って。そんな気持ちで捨てられたりするワンコがホンマかわいそうです。
凛ちゃんもそうやけど・・くぅちゃんも手術して術後サプリメントのお世話になり完治はしないけど。
私たちにとっては家族ですもん。まるちゃんみたいな
ホットなニュースを聞くと世の中まだこんな人もいるって思って少し嬉しい気分です。

投稿: 一美ぃ | 2007年7月28日 (土) 12時59分

そうだそうだ!!
ふくまるくんの家のご家族を見習ったらどうなんだ!
あの大手術なんて・・いったいいくらかかっていると思っているんだ~!!
母さんの懸命な看護はいったいどれほどの愛情がそこにあったと、思っているんだ~!!

って・・見せ付けてやりたいですね。

少し前に、お友達のサイトでとある方が、愛犬を迷子にしてしまったので、情報が欲しい・・という記事を見つけたのですが・・
ですが・・・

この飼い主、川原という公共の場で、リードをつけていなくて・・しかも、そのそばで全然関係無い人なのですが、花火をしていたそうです。その花火が風向きの関係か・・飛んできて、破裂したのでその音にびっくりしてわんこがいなくなったそうです。

最初、比較的近い場所だったので、協力しようかと思ったのですが・・リードをつけていなかった・・ということに、どうしても許せず・・協力できなかったんですけどね。幸い、このわんちゃんはすごくいい方に保護されていて、無事に戻ってきたそうです。
2度とリードは離さないって書いてましたが・・それ以前の問題やろ・・って思いましたわ。

病気のわんこを捨てる人も信じられないけど・・公共の場で、リードを離して、そして自分は愛犬家きどりな人はもっと信じられない・・てか、大嫌いですわ。

縁あって自分のところに来たわんこだったら、他の人があきれるくらい大切にして欲しいですよね。

んで・・カウプレ・・・残念でしたね。
私も、誰が書いているか締め切るまで把握してなくて・・
参加者を書いていて、あれ?りんくまさんいない・・と思いましたの。
次回は・・・
99999くらいか?いや・・ここまできたら、100000ですよね~

その時は、絶対に参加してくださいね~

投稿: JUNKO | 2007年7月28日 (土) 23時34分

★すずしろさんへ★

凛の足の事は日常は殆ど忘れています。
普通の生活を送れるので。
大事にしすぎて、ちょっと体重管理が・・・

自分のワンコには責任を持とう!その事はこれからずっと言い続けようと思っています。
病気を持つワンコも健康なワンコと同じように幸せにならなければいけません。

私は何も気にしてませんよ~ 脳天気ですから(笑)
飼い主もワンコもいつも笑顔です♪

投稿: りんくま | 2007年7月30日 (月) 01時31分

★ノア母さんへ★

パピーの頃は全く兆候が無かったのですよ。
ある日突然、右足を上げるようになったのです。
でも手術とサプリメントのお陰で元気に暮らしています。
走るのも大好き!!暴走ワンコですよ!!
ご心配おかけしました。

投稿: りんくま | 2007年7月30日 (月) 01時35分

★一美ぃさんへ★

そうそう!ペットを物のようにする人が多くて腹が立つ!!
くぅちゃんも色々大変な時があったものね。
お互い、大事にしようね~
くぅちゃんは可愛がられすぎてるから心配ないけどね(笑)
うちも、今日動物病院でサプリ貰ってきました。
お薬からサプリに変わって、すこ~しお安くなりました。

投稿: りんくま | 2007年7月30日 (月) 01時39分

★JUNKOさんへ★

ふくまる君はほんとに皆に愛されて幸せやったね
あんなに温かい家族はいないやろね
最後まで、ふくまる君を見守り続ける事・・・
辛かっただろうと思う、胸が張り裂けそうですね。

いつかは、そんな日がくるのです。
どんなに大切にしてもお別れが来る・・・
でも、後悔しないように「ママの子でよかった」そう思ってもらえるように。


カウプレ、次は狙います!!

投稿: りんくま | 2007年7月30日 (月) 01時48分

なぜにそんな簡単に捨てちゃうんでしょ・・・(-_-#)
でもまるちゃんは新しい環境で生活できて幸せになれてますよね~!
近所のラブちゃんも股関節が悪くてサプリ飲んでます!凛ちゃんは手術もしてたんですね!
よく頑張った~~!
りんくまさん家族の愛情があれば絶対元気なはずやん!!
元気に走り回ってる姿を見るとこっちまで元気もらえるもんね
(^^)

投稿: はるきち | 2007年7月30日 (月) 14時58分

私もずんこさんのコメントに同感!
今回ももしふくまる君に手術が必要なら、親に借金してでもやるって、ふくまる母さん言ってましたよ。これからいくら掛かるか分からない息子さんを3人もかかえてるのに、頼もしい人です。

障害があったり年老いたりしたワンコって、健常ワンコ同様に動けない事を、嘆いたりはしないんですってね。その事をちゃんと受け入れて、それを不幸だとは思わないそうです。りんくまさんみたいに愛情いっぱい凛ちゃんと楽しく過ごしておられると、ワンコの障害なんか障害じゃなくなりますでしょ? むしろ飼い主の労わりの気持ちが人とワンコの接着剤になってるのではないですか?
私はりんくまさんの命に対する責任感はすんばらしいと思うよ~

得てして無責任な人間はこういう話に耳を貸さないのが現実ですね。。。

投稿: りきまる母 | 2007年7月31日 (火) 09時16分

凛ちゃんは股関節形成不全…生まれつきなんですか…
絵留も何度関節をねじったか(--;
そのつど、凄い声で無きました。
何かと理由を付けてペットを捨てる。
この事の意味を本当に理解出来る人がどれだけいるのか…本当に辛い話です。
絵留にもしもの事が(相手がいる場合)有った時、私はその人に対してどうするか自分が心配…犯罪者になるかも…
凛ちゃんも無理の無いようにね~(*^▽^*)

投稿: りん子 | 2007年8月 1日 (水) 18時53分

ほんま、命を何やと思ってるんや!っていう人が多い世の中になってきて憤りを感じる反面、まだまだ捨てたもんじゃないって気持ちにさせてくれる人も大勢いて、私もそういう人になれるよう精進したいと思います。
私が拾ったチワまるこも今はと~~~~~っても幸せそうで、ほんまお隣さんに感謝です。
マルチーズのまるちゃんもこれからもっともっと幸せになれると思いますよ。

病気だから捨てる?噛む犬だから捨てる?成長して大きくなったから捨てる?
ふざけんな!!!って感じですよね。
雷も膝蓋骨脱臼の癖があるので、将来的に手術なんてこともありうるかもしれませんが、捨てるなんて思い浮かびもしませんよ。

りんくまさん、世の中の信じられない考え方の人になんか負けずに、私たちは家族を、命を守っていきましょうね!

投稿: たなやん | 2007年8月 1日 (水) 22時17分

★はるきちさんへ★

大型犬には股関節の悪い子が多いですね。
体重も重いですから、足にかかる負担も大きいでしょうね。
凛ももうちょっとダイエットしなきゃいけないんですが
中々痩せないのよ・・・飼い主に似てるんでしょうか
うちには凛に超甘いじいちゃんがいるのでね・・・
ほんと困っています。

投稿: りんくま | 2007年8月 6日 (月) 01時13分

★りきまる母さんへ★

うう~ぅ!!涙がでます!!
普通に暮らしていけることが何よりの幸せです。
のんびりゆっくり過ごしていきます。
凛は何も特別な事を望んでるわけでもなく
私と一緒にいればそれが一番の幸せなのです。
○○ができないとか、他と比べるのは人間であって
犬には何も分からないのです。
いかに凛が喜ぶか、楽しそうにしてるか・・・それを一番に考えていきたいと思います。

私の周りにはワンコを愛おしく大切にしてる人が多いのに・・・
捨てられるワンコが減らないのはどうして・・・

投稿: りんくま | 2007年8月 6日 (月) 01時22分

★りん子さんへ★

ほんとに、絵留ちゃんは愛されてるね!!
それだけ大切な存在だものね。
「凛ちゃん、かわいいね~」一日に何度言うでしょう
あほかっ!って言われながらも、これからも馬鹿母でいます。
りん子さんに抱っこされてる絵留ちゃんは安心しきってたよね(パンを盗み食いしたけど)
私達は大事に守っていきましょうね。

投稿: りんくま | 2007年8月 6日 (月) 01時30分

★たなやんさんへ★

うんうん!!たなや~ん!!そうだよね!!
お隣のまるこちゃんも幸せになったんやもんね
子犬じゃなくてもちゃんと引き取ってくれる方が沢山いますものね。
こんな事をいいながら、実は私は凛の他にワンコを引き取る事が出来ません。
拾ってもどうしようもできない自分が居ます。今は自分が拾うってことに遭遇してませんが
たなやんさんはちゃんと飼い主まで見つけて・・・凄いよ!!

雷君も膝が外れやすいんやね。大事にね!!
大切な子供、大切な家族ですから!!守るのが当たり前ですたい!!

投稿: りんくま | 2007年8月 6日 (月) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の出来事 | トップページ | ありがとうございます »